カップル

ノンオイルフライヤーで作る揚げ物はまずい?実際に使っているカップルが解説

ノンオイルフライヤーは、油を使わずにヘルシーに揚げ物が作れる優れもの。

気になってはいるけれど実際に油で揚げるわけじゃないから美味しいはずがない!

そう思ってる人も多いのでは?

そんな人の為に、美味しくノンオイルフライヤーで料理するコツをお教えします。

残った油、どうしよう。

キッチンがベタベタで掃除が面倒くさい。

揚げ物食べたいけどカロリーが気になる。

ノンオイルフライヤーはそんな悩みも解消してくれます。

少しの工夫と手間を加えるだけで、美味しくヘルシーな揚げ物を簡単で安全に作れるんだから活用しないなんてもったいない!

ノンオイルフライヤーの仕組み

・ノンオイルフライヤーはフライヤー内部に電熱器が付いており、180〜200℃近い熱風をファンで撹拌して食材に熱を加える仕組みです。

そして、食材から出る脂分を熱風で急激に温めることで、食材に含まれている油が表面を覆い、油で揚げたようなカリッとした仕上がりになります。

ノンオイルフライヤーがまずいと言われる理由

・油で揚げた時のジュワッとジューシーな感じがなく、パサパサしている。

→揚げ物の油が溢れ出るあの感じがたまらないですよね!

・唐揚げを作る場合、片栗粉などがうまく馴染まずに粉っぽくなることもある。

→どうやら、まぶした粉にまんべんなく油が行き渡らないと粉のまま残ってしまうようです。

ノンオイルフライヤーで作った料理がまずい!とならないための対処法

対処法①予熱をする

・調理前に2~3分ほど予熱をしましょう。

低い温度で始めると食材がだれて、サクサクとした食感に仕上がらないからです。

予熱をすることで最初から高温で調理でき、食材の内側から火が通るのでおいしく出来上がります。

予熱をしなくても調理はできますが、加熱時間も長くなりますし、食材が乾燥する原因にもなります。

対処法②オイルスプレーを使う

・ノンフライヤーは、食材そのものに含まれる脂分を利用して調理します。

脂分の多い食材であれば、オイルスプレーをしなくてもサクサク食感にできますが、

油分の少ない食材を調理する時には、加熱前に多少の油を食材全体にスプレーすると実際に油で揚げたようなサクサク感が出せます。

対処法③油汚れの掃除をする

・定期的に掃除をするようにしてください。

日ごろからこまめに掃除をしないと熱効率が低下し、ノンオイルフライヤー本来の性能が充分に発揮できなくなります。

高温でカラッとサクサクにするためにはメンテナンスが大事です。

 

ノンオイルフライヤーの評判

ノンオイルフライヤーの美味しいという口コミ

 

とってもおいしそうですね!

ノンオイルのケンタッキー!罪悪感ないですね。

ほったらかし、最高です。

ノンオイルフライヤーの不味いという口コミ

普通そうなりますよね。。

じじ頑張って!

あんまりおいしそうじゃないですね。。

ノンオイルフライヤーをうまく活用して手軽に揚げ物を楽しもう

いかがでしたか?

ノンオイルフライヤーはまずいという意見は実際にあるものの、その性質を理解してうまく使いこなせばカラッとおいしくヘルシーな料理が作れるという事がわかりました。

ボタン一つで安全に揚げ物ができるノンオイルフライヤー、是非検討してみて下さい!

-カップル

© 2021 同棲カップルのお役立ち情報局 Powered by AFFINGER5